不貞行為

不貞行為の無料相談はこちら

不貞行為結婚相手の浮気調査を委託する場合、法外に低料金だったり、もしくは高額な報酬金を請求してくる会社ではなく、より細かな料金プランが提示されていて、後で追加料金を請求してこないような探偵事務所が望まれます。

また、探偵業の許可を取得しているのか事前調査が必要です。

法を逸脱した調査をしている探偵社には浮気調査の依頼を辞めておきましょう。

浮気調査を実行する前に確認せねばならない事があります。

それは、本当に相手が浮気しているかの調査です。

浮気しているか否かが不明白な場合は調査を続行するかどうか、この時点で決定されます。

調査により浮気が確定した場合に、ここで浮気相手が誰かを探ることとなります。

お出掛け先からパートナーの行動を調査したり、見張りなどの方法も用いて、不倫相手の正体を証拠として押さえるのです。

どのような行動をしているか記録することで浮気の証明をできることもあります。

基本的に、日々の行動には決まりができるものです。

けれども、浮気を行ったら、その習慣が変わってしまいます。

変わった曜日や時間帯を見つけることが出来たら、行動をしっかりと観察すると、浮気の証明ができる可能性が上がります。

探偵が尾行する際の料金はどのくらいかと言うと、調査する人の数にもよりますが、1万円から3万円程度が1時間あたりの相場です。

もちろん、調査員が少ない人数なら安く、多ければ多いほど高くなります。

不貞行為の画像また、尾行の時に車とかバイクで行う場合、別途交通費、車両費として請求されることがありますので、確認がいります。

浮気調査してみたところ配偶者が浮気していることが発覚してしまった場合、離婚するかしないか心が乱れますよね。

それを避けるために、浮気調査を依頼してしまうよりも先に、自分の気持ちを見つめてみたほウガイいです。

夫婦というものは法律上お互いに貞操を守る義務がありますから、不貞行為に対する慰謝料を要求して離婚という別れを選択するのも一つの方法です。

だいたい浮気調査の調査期間は何日ぐらいなのかというと、平均では一週間以内です。

とはいっても、これはあくまで平均がそれぐらいだという話です。

浮気の証拠をなかなか残さないタイプのパートナーだと、1週間以上、時には1ヶ月ぐらいかかってしまう場合もあることも覚悟してちょうだい。

それとは逆に、この日は浮気し沿うだという日があらかじめ分かっているなら、一日で調査が終わるなんてこともあります。

レシートとかクレジットカードを見ると浮気の証拠を把握する事もできるかも知れません。

まず、普段は入らないようなコンビニのレシートをしばしば見かけることが多くなったら、いつもその近くに何回も行っている事になります。

そこで見張っていると、浮気の現場を確保できるかも知れません。

夫が浮気しているところを奥様がつかまえておぞましい戦場になるシーンは、ドラマ・芝居で目にする事も多いです。

夫の方が妻の浮気現場をつかまえた場合は、殺傷沙汰にまでなってしまう脚本もしばしば書かれます。

配偶者と浮気相手のいるところへ自ら踏み込むのもやり方の1つでしょう。

離婚になってもいいと思う場合は、取っていい行動といえるかも知れないです。

尾行代金が時間によって設定されている場合、探偵が尾行を行う時間が長いよりも短い方が、お金がかからなくなります。

ですので、尾行を探偵におねがいするなら、相手の日々の行動を調べておくことが重要になります。

不貞行為そこで一番おかしな行動をする時間帯や曜日に尾行をして貰うと、探偵にも余計な労力がかからず、どちらにもメリットがあります。

夫婦関係にある人の浮気を調べるのを調査員に行って貰う場合、通常、調査をする人の数と調査にかける日数を事前に話し合います。

1時間当たり1万円を超える人件費がかかるため、浮気調査を行った期間が長期にわたれば高額の調査費が必要になってしまうでしょう。

探偵業者によって、主に使う道具や調査する人のキャパシティには差異があるので、周りの人の評価なども参考にしたら良いと思います。

 

サイトマップ